カテゴリー別アーカイブ: 記事

タイムラプス動画

動画の勉強を兼ねて、タイムラプス動画を作成してみました。
ゼラニュームのつぼみが咲くまでを数分間隔で撮影した静止画をつないで作るタイムラプス動画です。もちろん、滲色レンズを使って撮影しています。

つぼみが何時間ぐらいで咲き切るのか分からなかったので、朝の8時30分に3分間隔で10時間の撮影をセットしました。しかし、10時間では咲き切らず、次の朝まで撮影を続行しました。

撮影データです。
geranium-20170616
3分間隔で455枚撮影(22時間45分)。枚数が多すぎるので6分間隔にして半分の228枚を使用してタイムラプス動画を作成しました。

geranium-20170617
6分間隔で235枚(23時間30分)でタイムラプス動画を作成しました。

どちらも日が暮れてからは人工光源(蛍光灯)になるので、少々色味が変わっているのが失敗です。次回からは、長い撮影だと最初から人工光源だけで撮影することにします。

ゼラニュームがきれいに咲いてくれたので、YouTubeにアップしました。
よければご覧ください。

ちなみに撮影している様子はこんな感じです。

※YouTubeで公開している上の2つの動画のライセンスは、クリエイティブ・コモンズ(CC BY ライセンス)を指定していますので、作品の二次使用が可能です。気に入っていただければ、ご自分の作品にご利用ください。

動画編集について

今年の4月に動画の仕事が舞い込んできました。
しかも、企画・撮影・編集まで全ての作業が含まれていました。撮影だけならそんなにアタフタしないのですが、企画と編集もあるとなるとちょっと焦ってしまいました。
静止画でもストーリーを作ってカット割りを決めることはよくあるので、企画についてはなんとかなり、提出した企画書もすんなりとOKでした。
本格的な動画の編集については、生まれて初めてのことなので、使いやすそうな動画編集アプリを購入して練習しています。動画の仕事は半年以上も撮影が続くので、最終的な動画編集作業を行うには相当な時間的余裕があるのですが、事前準備を完璧にしたい性格なので少々焦った気持ちがあります。

未知のものを理解するときはいつもそうなのですが、ある程度分かってくるまでがしんどいと感じています。トップダウン的に全体の概要を理解したいのですが、ある程度抹消部分を理解しないと屋台骨が見えてこないことが多く、なんとなく分かってくるまでが、自分なりにとてもしんどいのです。
動画のアプリも似たような状況があり、操作方法を検索したくても的確なキーワードが思いつかず、いたずらに時間を無駄にしたりしていました。最近やっとそれなりに扱えるようになって、ずいぶん楽になってきています。その反面、動画の編集は、奥が深く難しいものだとなんとなく理解できるようにもなってきました。

ちなみに購入した動画アプリは「VEGAS Movie Studio 14 Suite」で、Amazonからダウンロード販売で購入しました。

ドメインに関する詐欺メール?がやって来ました

shu-i.comの英語ページに記述してあるメールアドレス宛に中国からメールが来ました。
英文のメールは、「あなたのドメインに似たドメインが中国で取得されそうなので、連絡してくれれば取得しようとしている企業に連絡してあげましょうか?」という内容です。
気になったので、文面の一部で検索してみると、いっぱい検索されました。検索されたサイトを読んでみると、どうも詐欺メールのようです。
たとえば、中国に進出しようとしている企業が、中国で似たようなドメイン(shu-i.cn)を先に取得されると困るので慌てて連絡してきたら、何らかの金銭?を要求するような手口みたいです。

井上は無視を決め込み返事をしていません。
誰かに役に立つかもしれないので、やって来たメールの差出人・件名と全文を以下に貼り付けます。

From:     “Jim Wang” <jim.wang@chinanetregistry.com>
Subject:  Notice for “shu-i”

Dear CEO,
(If you are not the person who is in charge of this, please forward this to your CEO, because this is urgent. If this email affects you, we are very sorry, please ignore this email. Thanks)
We are a Network Service Company which is the domain name registration center in China.
We received an application from Huadu Ltd on April 30, 2017. They want to register ” shu-i ” as their Internet Keyword and ” shu-i .cn “、” shu-i .com.cn ” 、” shu-i .net.cn “、” shu-i .org.cn ” 、” shu-i .asia ” domain names, they are in China and Asia domain names. But after checking it, we find ” shu-i ” conflicts with your company. In order to deal with this matter better, so we send you email and confirm whether this company is your distributor or business partner in China or not?
Best Regards,
Jim | Service Manager
China Net Registry (Head Office)
8006, Xinlong Building, No. 415 WuBao Road, Shanghai 201105, China
Tel: +86-2161918696 | Fax: +86-2161918697  | Mob: +86-1582177 1823
Web: www(dot)chinanetregistry(dot)com

スマホを契約しました

自分のブログを見たら、なんと!1年以上更新していませんでした・・・。
昨年、携帯電話が壊れ携帯電話を持たない選択をしました。しかし、田舎暮らしのため、ターミナル、スーパーやコンビニを離れると公衆電話がないことに気が付きました。田舎の道を車で移動しながら探しても、なかなかないです。余りにも連絡が取りにくいと感じたためスマホを契約しました。
毎月の使用料を安くしたいために、イオンモバイルの480円スマホを選択しました。ただし、スマホを購入したので、初期費用は21,000円ほどかかりました。
電話は、データ通信の通話アプリを使用しているのですが、けっこうちゃんと話せることに驚いています。これなら、音声通話のスマホは不要ではないかと感じたりしています。しかし、毎月ユニバーサル料を支払っているのですが、110番などの緊急通信ができません。なんとなく腑に落ちない気がしますが、仕方がありません。対策として、最寄りの警察署と消防署を電話帳に登録しました。

低画質の写真

最近仕事でいろんな写真に出合うことができました。
その中で、よい写真と感じたものの中に、ものすごく低画質の写真が含まれていました。
仕事では、画質を落とさないようにすることを常に意識していたのですが、少しショックを受けるような出来事でした。
井上は「高画質=よい写真」という概念が無意識に出来上がっていたのですが、この概念に疑問を持ってしまいました。

元々滲色写真は画質がよくないのですが、それでもできるだけ高画質を目指した処理をしていました。
では、画質を落とすとどうなるのか実験してみました。
荒く見えるようにノイズを付加する加工をしてみただけなのですが、カクカクしていないというか、肩肘張っていないというか・・・、ゆるい感じでなかなかよくなった気がします。

全画面のスライドショーを作ってみました。
http://shu-i.com/work/blog/blackTie-counter/

この作業中に「コップの底から見た景色」「夢の中での映像」を再現するために滲色写真を撮り始めた動機も鮮明に思い出しました。
もっともっと、いろんなことをトライをしないとダメですね。

webページのテンプレートは「blacktie.co」から拝借し改造しました。
http://blacktie.co/

携帯電話を解約しました

長年使ってきた携帯電話を解約してきました。

着信音が鳴らず、相手の音声も聞こえなくなったので、ショップで見てもらったら電話機内部のスピーカーが壊れていることが判明しました。
古い機種なので修理はできないと即決で言われ、機種変更すると手数料+36回払いの機種代もかかるとのこと・・・。

その日は家に帰ってよく考えてみました。
クライアントとの連絡は、ほぼ100%がメールです。
直接話す場合もスカイプ、appear.inやBizMeeなどの無料サービスを利用するので、電話を使うこと自体がマレな状況です。
そうなると、
携帯電話って必要なの?
持っていないデメリットは?
これらの問いに納得できる回答が自分の中で得られなかったので、携帯電話を持たない選択肢を選ぶことにしました。

どこに居ても、何をしていても電話がかかってくれば急いで出て、着信履歴があればかけ直すという義務感から解放されたことにもなります。
ショップで解約した帰り道では、首輪のリードが無くなったようなような爽快感がありました。

感性を刺激する写真

みなさん、こんにちは。
「滲色(にじいろ)写真」の井上周邦です。

仕事で「手と手をつないでいる」フリー画像を探していて、
感性が刺激される写真のサイトを発見しました。

SplitShire

他人の写真に関しては、生意気にも好みが激しいのですが・・・。
このサイト内の何枚かの写真には、ドラマチックで心地の良い刺激を受けました。

写真の使用に関してはフリーだったので、
気に入ったテンプレートに4枚の写真を入れ、フォトストーリー風にまとめてみました。

http://shu-i.com/work/blog/html5up-eventually/

テンプレートは以前使用した「HTML5 Up!」から拝借しました。
HTML5 UP!

チラシのようなページ

みなさん、こんにちは。
「滲色(にじいろ)写真」の井上周邦です。

販促チラシのような1枚もののオシャレなページを作成してみたくなり、いろいろ検索していると「HTML5 Up!」というHTML5+CSS3で作られたテンプレートを無料配布するサイトが見つかりました。
テンプレートをダウンロードして、画像と文字だけ変えて作ってみました。
「lens aberration」
http://shu-i.com/work/blog/html5up-big-picture/

なかなか、かっこいいですね。
やっぱりプロが作ったサイトデザインはさすがです。

「HTML5 UP!」
http://html5up.net/

iStockphotoに登録

みなさん、こんにちは。
「滲色(にじいろ)写真」の井上周邦です。

カナダに本社がある「iStockphoto」から、サイトで写真を販売しないかというお誘いメールをいただきました。

メールの件名に「Your Photography Stands Out」となっていて、直訳すると「あなたの写真は際立っている」となり、外人らしいストレートな表現で、とても嬉しい気持ちになりました。

このようなお誘いメールはたまにやって来るのですが、ほとんど利用したことがありません。
理由は、写真を販売=登録料?が必要、写真集の販売=出版費用が必要、コンテストに応募=審査費用が必要、などといった営業そのもののメールがほとんどだからです。
しかし、無料で何かできるお誘いもあるので、来たメールには一応目を通しています。

今回の「iStockphoto」からのメールは、サイトをよく見て、よい評価していただきとても感謝しています。
写真の販売をするには、出品者(Contributor)に登録する必要があるとのこと。
しかも、登録費用は無料です。

登録方法をメールから抜き出すと、
————————————
iStock コントリビューター応募へ、シンプルな3つのステップ

ステップ1 : iStockに登録する

ステップ2 :  メンバー名を決める

ステップ3 : iStockのコントリビューターに応募
ストックフォトが初めての方もご安心ください。
応募するためのトレーニングガイドをご用意しています。
簡単なクイズに回答し、応募完了。

今回のご案内には、特別応募コードをご用意しています。
特別応募コード : ****

応募に必要なもの:
– ハイクオリティー、サンプル画像Jpegファイル 3点(フルレゾリューションモード・RGB フォーマット)
ご招待している画像をなるべく1枚以上含めてご応募ください。
– Jpegファイルでスキャンした写真入りID(パスポート・運転免許証等。写真のない保険証は対象外)
————————————
です。

「ステップ3」の「簡単なクイズに回答し、応募完了。」ですが、
出品者として、販売する写真の品質や著作権などを「iStockphoto」の決めたルールを読んで学習しなければなりません。
適当に読んでテストを受けると、不合格でした。
もう一度、ちゃんと読み直して、合格できました。

それと、サンプルの写真を3枚送付して、審査されるとあります。
サイトを見ていただいて、送付する写真も指定され、しかも「特別応募コード」?も用意されているのですが、審査があるとういうことに少し違和感がありました。
まあ、小さな画像しかないとか、画像ソフトでいじくり回していないことを見たかったのかもしれません。

残念ながら、指定された画像は他のフォトエージェンシーに登録されているので、3枚とも違う画像を送付しました(その後、よく調べると1枚はOKでした)。
それに、先ほど読んだ「iStockphoto」の写真の品質の説明で、「ピントが合っていること」、「収差がないこと」と書かれてあって、滲色写真は全てNGではないかと・・・。
少し心配だったのですが、無事に3枚とも「Approved」(承認された)となっていて、ホッとしました。

これで、出品者に登録することができました。
メールには、168時間(7日)で、999枚アップロードできると書かれてあるのですが、999枚ってどえらい数字です。
現実的に、一週間で999枚もアップロードする方がいらっしゃるのでしょうか・・・。
井上は、そんなに枚数がないのですが、アップロードできる時間が7日間しかないなら、それはそれで辛いですね。

アップロード後に、その写真を販売するかどうかの審査があるそうです。
説明も英語で書く必要があるようです。
ぼちぼちと写真をアップしていきます。

ミンネでポストカード販売

みなさん、こんにちは。
「滲色(にじいろ)写真」の井上周邦です。

ミンネでポストカードを販売しました。

お花 5種類のポストカード
5枚、1セットです。
http://minne.com/items/142706

お花 5種類のポストカード

お花 5種類のポストカード

グリーティング用と風景のポストカード
5枚、1セットです。

http://minne.com/items/143980

グリーティング用と風景のポストカード

グリーティング用と風景のポストカード

黄色いお花の「ルドベキア」を使ったデザインポストカードを1枚サービスしています。
ただし、在庫限りです。

「ルドベキア」のポストカード
営業のご案内でした。
よろしくお願いいたします。