カテゴリー別アーカイブ: 記事

人生初!! 絵画を買いました

2018年7月2日(月)に素敵な絵画が届きました。絵画の購入は人生初の体験です。
猫の絵で有名な画家の高橋行雄さんの作品です。
妻が高橋先生の奥さんのマギーさんとご縁があって、個展の案内を頂いたりしていて、2016年の夏に京都大丸の個展を妻と二人で見に行きました。個展を見終わった後に「どの絵がよかった?」とお互いに確認すると、なんと二人とも同じ絵が気に入ってたことがわかり、もう一度、その絵を見に行きました。「こんな絵が買える暮らしが出来たらいいね」と言いながら、見ていたのを思い出します。しかし、なんと、なんと!! その絵画が我が家にあるのです。その個展で気に入った作品が、今回購入した「黒猫ミンク ふり返える(2)」です。

「黒猫ミンク ふり返える(2)」

「黒猫ミンク ふり返える(2)」

9月以降に田舎に移住することになり、新しい家の古民家に個展で気に入ったあの猫の絵画を飾りたいと思って、リトグラフなら思い切って買えるかもしれない、マギーさんに相談したところ、リトグラフはないとのこと。個展で見たので気に入っていると言ったところ、作品そのものがまだあると言われた。おおおおお!! そんな高額なものは・・・。まあ、人生初の絵画購入なので、清水の舞台から飛び降りたつもりで購入しました。

届いた絵画は、記憶にあるものより遥かに大きく、こんな大きな絵画だったのかと、現在の我が家の狭さを痛感しました。
絵画の大きさは、73×55センチ、額の大きさは、97×77センチです。高橋先生のご配慮でパリとアムステルダムで開いた個展のポスターが同梱されていました。これも素晴らしいポスターです。フレームに入れて新しい家の離れに飾ろうと思ってます。

初めて絵画を買うので、装丁などどうしようかと思っていたけど、額に入れて送って頂けるとのこと。本当に感謝しています。
マギーさんが「大事にしてくれる方の元に行くのが良いことです」と言ってくださいました。今後は家宝として大事にしていきます。手放して頂き、誠にありがとうございました。

「黒猫ミンク ふり返える(2)」は、警戒している様子と、今にも走り出しそうな不安定感が好きです。記憶に残る映像って、こういう瞬間の映像が多い気がします。その時を象徴する瞬間です。高橋先生はパリでミンクを飼ってらっしゃったし、ミンクは野良猫だったらしいので、出会った瞬間なのかもしれません。
余談ですが、うちの愛猫のルナと出会った時のことを鮮明に覚えています。畑に居た野良猫の子供で、バケツの水を飲もうと背伸びして、バケツの縁に手をかけていて、全然飲めないので小さな器に水を入れてやったり。猫が住んでいる小屋?の入口が高くて、なかなか中に入れず、手で持ち上げて入れてやったり。兄弟5匹の中で一番小さくて、何をするにも一番後からやってきました。そういうルナを見てると、この子は自然界では生きていけないかもしれないと漠然と思っていたことも思い出されます。

絵画の額の裏って初めて見ました。題名とサインがあるのです。

額の裏の題名とサイン

額の入っていた段ボールにもサインがあり、蓋のところに「黒猫ミンク ふり返える(2)(メモリー)」と記述されていました。

額の入っていた段ボールのサイン

パリとアムステルダムで開いた個展のポスター

パリとアムステルダムで開いた個展のポスター

パリの個展のポスター

パリの個展のポスター

アムステルダムの個展のポスター

アムステルダムの個展のポスター

移住に関しては、別にブログを作っています。

フィッシングメールがきました

2018年6月18日(月)朝の8時前に大きな地震が来ました。出かける前で歯を磨いていた時に、突き飛ばされるような衝撃があり、目の前の洗面台に置いてある小物がバラバラと飛び出してくるのがスローモーションのように見えていました。愛猫のルナが気になって、歯磨き粉一杯の口で「ルナ」と叫んで廊下を見ると、ルナが脱兎のごとく寝室に走って行くのが見えました。後を追いかけて、ルナがベットの下に潜り込んだ横で座り込み、歯ブラシをくわえたまま意味もなく「ルナ、ルナ」と呼び掛けていました。地震が来たことが分かったのですが、余りにも大きすぎて、ドキドキしていてすごく動揺している自分が感じられました。
そのあと、落ち着いて家を見回してみると、壁に固定されていない家具は全て動いていました。出かけるのを電話でキャンセルして、夕方までかかって落ちてきたもの、飛び出したものの後片付けで一日が終わりました。この時、引き出しを開けると、引き出しの中の全ての物が判で押したように一方向に移動しているのがおもしろかったです。
昼食時にメールチェックすると、こんなとんでもない日に、あろうことかフィッシングメールが3通も届いていました。最高の嫌がらせに感じました。
どんなフィッシングメールだったのか画像を貼り付けます。

フィッシングメール

フィッシングメール

ライトボックスをジモティーに出品しました

先日、デジタルに移行する前まで撮影していたポジフィルムを大量に廃棄しました。
その時に押入れにしまい込んだライトボックスがあるのを思い出しました。堀内カラーのプロ用ライトボックス「イルミックス(ILLUMIX)Ⅰ型」という製品で、確か4万円弱した高価なものです。
1988年に蛍光灯を交換した記録が製品裏のラベルに記載してあり、ボールペンのインクもかすれていて、何とか判読できるような感じで、20年という歳月を感じさせます。
コードをコンセントに差し込んでスイッチを入れると、当たり前のように点灯しました。いとも簡単に蘇ったという感じです。

点灯させたライトボックス

点灯させたライトボックス

現像の上がったポジフィルムをこのライトボックスで、背を丸めながらルーペを使いチェックして、いいカットにダーマト(赤鉛筆の太いやつ)で丸印を付けていたのを思い出します。

プロは、同じカットを何枚(何十枚にもなることがある)も撮影して、その中から最良のカットを選択します。「下手な鉄砲数うちゃ当たる」という格言を地で行っています。また、違う言い方をすると、写真とは意図や基準に従って、数多く撮影したものの中から選択する技術でもあると言えます。

チェックしている時に、撮影時のシャッタータイミングの失敗、構図・アングル、露出の考え不足を発見したりして、ゾーーっとして背筋が寒くなり、冷や汗をかくことが多々ありました。
滅多にないことですが、「ドンピシャ!!」、「意図したとおり!!」というような写真を確認すると、自然と笑みがこぼれます。ポジチェックはできるだけ、一人だけで作業したかったのも思い出されます。

今はモニター前でマウスを使って同じような作業をやっていますが、背を丸めてルーペで凝視するという方が写真を大事に扱っているような気がします。物理的なモノがあることと懐かしさのせいかもしれませんが・・・。

ジモティーに出品したライトボックスのURL
0円で出品していますので、よければ貰ってください。

※追記
2018年8月8日(水)にライトボックスを譲って欲しい方から連絡があり、譲渡が完了しました。フィルムで写真を撮っておられる、とても日本語のうまいアメリカ人でした。写真好きな方に貰っていただいて、ほんとうに嬉しかったです。

古いポジフィルムを処分しました

デジタルに移行する前まで撮影していたポジフィルムを廃棄しました。

捨てる前のポジフィルムの束

捨てる前のポジフィルムの束

雑誌などに掲載された写真は、出版社が保存していますが、それ以外の写真は、カメラマンに返却されてきます。返さない出版社もありますが・・・。
デジタルならいいものだけ選べばよいのですが、フィルムで撮影すると、いいカットの前後には必ずBカットが生まれます。
何かで必要になるかもしれないので、今まで保存してきましたが、もういいだろうと思い一気に処分しました。
ポジを取り出して見てみると当時の思い出が蘇り、苦労したとか、楽しかったとか、辛かったとか・・・、そんな思い出を楽しむ時間が延々と過ぎていきました。
撮影したことも忘れているポジフィルムもあったのが意外でした。井上はファインダーで見た光景は全て覚えていると思っていたのですが、忘れている光景もあったのです。印象の強さの違いなのか、理由は分かりません。
何千本もあるポジフィルムの束を見ていると、自分の人生を見ているようで、何か重いものを感じました。

10数年前にモノクロ(白黒写真)の現像用品・引き伸ばし機などを処分した時に、モノクロのネガも一緒に処分しました。この時も膨大なネガフィルムを処分したことを思い出しました。あの時は、フィルムからデジタルへの移行を実感した瞬間でもありました。「時代が変わった」という実感です。

井上が撮影した手に持てる写真って、これでほとんど無くなってしまったのだと感じました。今では、ハードディスクにあるデジタル信号だけで、モニターがないと見れない写真ばかりです。そう考えると、年のせいかちょっと感傷的になっています。

素朴なケーキ

H.D.ソローの「森の生活 ウォールデン」を読んでいて、素朴なケーキについての記述がとても気になったので作ってみました。
本のなかでは、最初はトウモロコシのひき割り粉と塩だけで作った本物のホー・ケーキ(鍬《hoe》の刃の上でケーキを焼いていたことからこう呼ばれた)だったが、そこから工夫してトウモロコシとライムギのひき割り粉を混ぜて作ったものが、作りやすく口当たりもよいと書かれてありました。
少しネットで調べてみると、トウモロコシとライムギは1:1でベーキングパウダーと塩を加えてフライパンで焼けばよいことが分かりました。
作ったのがこのケーキです。

蒸しパンのような素朴な味なので、ハチミツをかけて食べました。

材料は、
ライムギ粉 100g
トウモロコシ粉(コーンフラワー) 100g
ベーキングパウダー 小1/2
塩 小1/2
卵 1個
水 300㏄
全部を混ぜて、大きいフライパンで蓋をして両面を弱火で焼くだけです。

森の生活〈上〉ウォールデン (岩波文庫) 文庫 – 1995/9/18
森の生活〈下〉ウォールデン (岩波文庫) 文庫 – 1995/9/18

タイムラプス動画

動画の勉強を兼ねて、タイムラプス動画を作成してみました。
ゼラニュームのつぼみが咲くまでを数分間隔で撮影した静止画をつないで作るタイムラプス動画です。もちろん、滲色レンズを使って撮影しています。

つぼみが何時間ぐらいで咲き切るのか分からなかったので、朝の8時30分に3分間隔で10時間の撮影をセットしました。しかし、10時間では咲き切らず、次の朝まで撮影を続行しました。

撮影データです。
geranium-20170616
3分間隔で455枚撮影(22時間45分)。枚数が多すぎるので6分間隔にして半分の228枚を使用してタイムラプス動画を作成しました。

geranium-20170617
6分間隔で235枚(23時間30分)でタイムラプス動画を作成しました。

どちらも日が暮れてからは人工光源(蛍光灯)になるので、少々色味が変わっているのが失敗です。次回からは、長い撮影だと最初から人工光源だけで撮影することにします。

ゼラニュームがきれいに咲いてくれたので、YouTubeにアップしました。
よければご覧ください。

ちなみに撮影している様子はこんな感じです。

※YouTubeで公開している上の2つの動画のライセンスは、クリエイティブ・コモンズ(CC BY ライセンス)を指定していますので、作品の二次使用が可能です。気に入っていただければ、ご自分の作品にご利用ください。

動画編集について

今年の4月に動画の仕事が舞い込んできました。
しかも、企画・撮影・編集まで全ての作業が含まれていました。撮影だけならそんなにアタフタしないのですが、企画と編集もあるとなるとちょっと焦ってしまいました。
静止画でもストーリーを作ってカット割りを決めることはよくあるので、企画についてはなんとかなり、提出した企画書もすんなりとOKでした。
本格的な動画の編集については、生まれて初めてのことなので、使いやすそうな動画編集アプリを購入して練習しています。動画の仕事は半年以上も撮影が続くので、最終的な動画編集作業を行うには相当な時間的余裕があるのですが、事前準備を完璧にしたい性格なので少々焦った気持ちがあります。

未知のものを理解するときはいつもそうなのですが、ある程度分かってくるまでがしんどいと感じています。トップダウン的に全体の概要を理解したいのですが、ある程度抹消部分を理解しないと屋台骨が見えてこないことが多く、なんとなく分かってくるまでが、自分なりにとてもしんどいのです。
動画のアプリも似たような状況があり、操作方法を検索したくても的確なキーワードが思いつかず、いたずらに時間を無駄にしたりしていました。最近やっとそれなりに扱えるようになって、ずいぶん楽になってきています。その反面、動画の編集は、奥が深く難しいものだとなんとなく理解できるようにもなってきました。

ちなみに購入した動画アプリは「VEGAS Movie Studio 14 Suite」で、Amazonからダウンロード販売で購入しました。

ドメインに関する詐欺メール?がやって来ました

shu-i.comの英語ページに記述してあるメールアドレス宛に中国からメールが来ました。
英文のメールは、「あなたのドメインに似たドメインが中国で取得されそうなので、連絡してくれれば取得しようとしている企業に連絡してあげましょうか?」という内容です。
気になったので、文面の一部で検索してみると、いっぱい検索されました。検索されたサイトを読んでみると、どうも詐欺メールのようです。
たとえば、中国に進出しようとしている企業が、中国で似たようなドメイン(shu-i.cn)を先に取得されると困るので慌てて連絡してきたら、何らかの金銭?を要求するような手口みたいです。

井上は無視を決め込み返事をしていません。
誰かに役に立つかもしれないので、やって来たメールの差出人・件名と全文を以下に貼り付けます。

From:     “Jim Wang” <jim.wang@chinanetregistry.com>
Subject:  Notice for “shu-i”

Dear CEO,
(If you are not the person who is in charge of this, please forward this to your CEO, because this is urgent. If this email affects you, we are very sorry, please ignore this email. Thanks)
We are a Network Service Company which is the domain name registration center in China.
We received an application from Huadu Ltd on April 30, 2017. They want to register ” shu-i ” as their Internet Keyword and ” shu-i .cn “、” shu-i .com.cn ” 、” shu-i .net.cn “、” shu-i .org.cn ” 、” shu-i .asia ” domain names, they are in China and Asia domain names. But after checking it, we find ” shu-i ” conflicts with your company. In order to deal with this matter better, so we send you email and confirm whether this company is your distributor or business partner in China or not?
Best Regards,
Jim | Service Manager
China Net Registry (Head Office)
8006, Xinlong Building, No. 415 WuBao Road, Shanghai 201105, China
Tel: +86-2161918696 | Fax: +86-2161918697  | Mob: +86-1582177 1823
Web: www(dot)chinanetregistry(dot)com

スマホを契約しました

自分のブログを見たら、なんと!1年以上更新していませんでした・・・。
昨年、携帯電話が壊れ携帯電話を持たない選択をしました。しかし、田舎暮らしのため、ターミナル、スーパーやコンビニを離れると公衆電話がないことに気が付きました。田舎の道を車で移動しながら探しても、なかなかないです。余りにも連絡が取りにくいと感じたためスマホを契約しました。
毎月の使用料を安くしたいために、イオンモバイルの480円スマホを選択しました。ただし、スマホを購入したので、初期費用は21,000円ほどかかりました。
電話は、データ通信の通話アプリを使用しているのですが、けっこうちゃんと話せることに驚いています。これなら、音声通話のスマホは不要ではないかと感じたりしています。しかし、毎月ユニバーサル料を支払っているのですが、110番などの緊急通信ができません。なんとなく腑に落ちない気がしますが、仕方がありません。対策として、最寄りの警察署と消防署を電話帳に登録しました。

低画質の写真

最近仕事でいろんな写真に出合うことができました。
その中で、よい写真と感じたものの中に、ものすごく低画質の写真が含まれていました。
仕事では、画質を落とさないようにすることを常に意識していたのですが、少しショックを受けるような出来事でした。
井上は「高画質=よい写真」という概念が無意識に出来上がっていたのですが、この概念に疑問を持ってしまいました。

元々滲色写真は画質がよくないのですが、それでもできるだけ高画質を目指した処理をしていました。
では、画質を落とすとどうなるのか実験してみました。
荒く見えるようにノイズを付加する加工をしてみただけなのですが、カクカクしていないというか、肩肘張っていないというか・・・、ゆるい感じでなかなかよくなった気がします。

全画面のスライドショーを作ってみました。
http://shu-i.com/work/blog/blackTie-counter/

この作業中に「コップの底から見た景色」「夢の中での映像」を再現するために滲色写真を撮り始めた動機も鮮明に思い出しました。
もっともっと、いろんなことをトライをしないとダメですね。

webページのテンプレートは「blacktie.co」から拝借し改造しました。
http://blacktie.co/