月別アーカイブ: 2016年3月

低画質の写真

最近仕事でいろんな写真に出合うことができました。
その中で、よい写真と感じたものの中に、ものすごく低画質の写真が含まれていました。
仕事では、画質を落とさないようにすることを常に意識していたのですが、少しショックを受けるような出来事でした。
井上は「高画質=よい写真」という概念が無意識に出来上がっていたのですが、この概念に疑問を持ってしまいました。

元々滲色写真は画質がよくないのですが、それでもできるだけ高画質を目指した処理をしていました。
では、画質を落とすとどうなるのか実験してみました。
荒く見えるようにノイズを付加する加工をしてみただけなのですが、カクカクしていないというか、肩肘張っていないというか・・・、ゆるい感じでなかなかよくなった気がします。

全画面のスライドショーを作ってみました。
http://shu-i.com/work/blog/blackTie-counter/

この作業中に「コップの底から見た景色」「夢の中での映像」を再現するために滲色写真を撮り始めた動機も鮮明に思い出しました。
もっともっと、いろんなことをトライをしないとダメですね。

webページのテンプレートは「blacktie.co」から拝借し改造しました。
http://blacktie.co/

携帯電話を解約しました

長年使ってきた携帯電話を解約してきました。

着信音が鳴らず、相手の音声も聞こえなくなったので、ショップで見てもらったら電話機内部のスピーカーが壊れていることが判明しました。
古い機種なので修理はできないと即決で言われ、機種変更すると手数料+36回払いの機種代もかかるとのこと・・・。

その日は家に帰ってよく考えてみました。
クライアントとの連絡は、ほぼ100%がメールです。
直接話す場合もスカイプ、appear.inやBizMeeなどの無料サービスを利用するので、電話を使うこと自体がマレな状況です。
そうなると、
携帯電話って必要なの?
持っていないデメリットは?
これらの問いに納得できる回答が自分の中で得られなかったので、携帯電話を持たない選択肢を選ぶことにしました。

どこに居ても、何をしていても電話がかかってくれば急いで出て、着信履歴があればかけ直すという義務感から解放されたことにもなります。
ショップで解約した帰り道では、首輪のリードが無くなったようなような爽快感がありました。

感性を刺激する写真

みなさん、こんにちは。
「滲色(にじいろ)写真」の井上周邦です。

仕事で「手と手をつないでいる」フリー画像を探していて、
感性が刺激される写真のサイトを発見しました。

SplitShire

他人の写真に関しては、生意気にも好みが激しいのですが・・・。
このサイト内の何枚かの写真には、ドラマチックで心地の良い刺激を受けました。

写真の使用に関してはフリーだったので、
気に入ったテンプレートに4枚の写真を入れ、フォトストーリー風にまとめてみました。

http://shu-i.com/work/blog/html5up-eventually/

テンプレートは以前使用した「HTML5 Up!」から拝借しました。
HTML5 UP!